読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宅建や勉強時間

宅建や勉強時間

宅建のテキスト選び

テキストは、そこそこぶ厚ければだいたいOKです。

 

宅建に出題される問題ってある程度固定されていて、テキストもそれが反映されて作られているだけなので、

 

どの出版社から出版されているものでも“内容に大差はない”です。
(明らかにページ数が少ない、とかなら別ですが。)

 

 

ちなみに僕が使っていたのは、

 

「うかる宅建!集中講義 日本経済新聞出版社

 

というテキストです。

 

が、このシリーズは2015年版以降は出ていないみたいなので、現時点でおすすめをあげるならカラー図解されているこちらなんかが良いんじゃないかと。

 

重要なのは基本テキストにどのシリーズのモノを選ぶかではなくて、

 

民法だけは別に一冊参考書を用意すること”

 

これがかなり重要になってきます。

 

 

正直、最近の宅建民法の問題はかなり難しいです。

 

民法だけなら、行政書士の試験と比べても同等以上の難易度といっても言い過ぎじゃないくらい。

 

とても、宅建の基本テキスト一冊で理解できるようなものではないので、かならず準備しておきましょう。

 

 

ちなみに、民法が難しすぎて宅建を挫折する人は数知れないので、そういう意味でも、民法は一冊わかりやすい参考書を準備しておくとそういう心配がありません。

 

 

実際に僕が使っていた参考書は、民法がわかった」という法学書院から出版されているもので、現時点で法学初心者が民法を学ぶには最高の参考書と個人的に位置づけているのでご参考にしていただければと思います。